始める前のギモンにお答えします

※質問をクリックすると回答が表示されます
  • お客様のヘアスタイルによって異なりますので、その点、ご了承ください。 目安としては、以下のようにお考えいただければと思います。
  • 一度のご使用で気になる白髪をケアしますが、マニキュアタイプのため洗髪毎に少しずつ色落ちいたします。色落ちが進み白髪が気になる前に継続的なご使用をおすすめいたします。
  • 素手でご使用いただけます。ただし、乾いた手でご使用頂くと白髪用ヘアカラートリートメントが落ちにくい場合がございますので、必ずぬれた手でお使いください。また、ご使用後はすぐに石けんで洗い流してください。ネイルを施してある方、爪の汚れが気になる方は、ビニール手袋や専用のコーム等をご使用いただくことをおすすめします。
  • 白髪用ヘアカラートリートメントは、マニキュアタイプの染毛料のため、黒髪にも多少色は付くのですが、黒髪の色の方が強いため、着色したように見えず、白髪のみ色が付いたように見えます。ご自身の髪の色に合わせて色をお選びください。
  • ラベンダーの優しい香りです。
  • 髪表面に色素が付着する染毛料です。薬剤を使用した染毛剤とは異なり、髪や頭皮をいたわりながら白髪をケアすることができます。
  • 半永久染毛料であり、出来るだけ無添加で作った製品のため、染まるまでの時間に多少の個人差があります。
  • 美容院での白髪染めは永久染毛剤ですので染める力は優秀ですがその分だけかぶれを起こしやすい成分がたくさん入っているため髪と肌に悪影響を与えます。
  • パッチテストは、ヘアカラーの使用によりアレルギー症状が起こるかどうかを調べる最も有効な方法で、現在のところ、このテストに代わる試験方法は知られていません。この判断のためには、テスト開始の短時間後に起こる反応(即時型反応)と、長時間後に起こる反応(遅延型反応)の両方を調べる必要があります。そのためには、テスト部位に塗布した後、約30分後と48時間後の2回の観察が必要です。
  • 毎日の洗顔時などに気づかないうちにもみあげの部分の髪の毛も洗っています。そのため、もみあげの部分の白髪は色が抜けやすく、定着しにくくなっています。また、白髪染めをしっかりもみあげに塗っても温度や湿度の条件によっても仕上がりが変わってきます。もみあげは、地肌に近いので汚れもつきやすい部分で、さらに、日頃のシャンプーやスタイリング剤、メイクなどで髪の毛がコーティングされていて白髪染めの薬剤がつきにくくなっていることもあります。